福島県いわき市に在る、割烹ほてる「正月荘」です。宴会・パーティ・法事・祝い事など、皆様の歳時記にどうぞご利用下さい。

まめ知識

 
長寿のお祝いまめ知識 】 【 慶事まめ辞典 】 【 仏事のまめ知識

長寿のお祝いまめ知識

還暦(赤) 六十一歳のお祝い。
本卦還りと云って暦の干支が六十一年で生まれた年の干支にもどることからこの名がいわれます。還暦祝いは、昔から赤ちゃんに還るという意味と赤は魔よけの 色ということから赤いちゃんちゃんこ、赤いずきん、赤い座布団など赤い色のものを贈るしきたりがあります。
古稀(紫) 七十歳のお祝い。
唐の詩人杜甫の詠んだ「人生七十年古来稀なり」から出ています。昔は短命な人が多く七十歳まで長寿を保つのは本当にまれであったのですが、今日では決してまれなものではなくなっています。
喜寿(紫) 七十七歳のお祝い。
喜びの字を草書体で書くと「七十七」に見え、七が重なるので七十七歳でお祝をいいます。室町時代から始まったと言われ本来は厄年の一つであったとも言われます。
傘稀(紫) 八十歳のお祝い。
傘の略字が八十に見えるところからこの名がついたものです。
米寿(黄) 八十八歳のお祝い。
「米」の字が八十八からできているところから米寿となり「米の祝い」とも云われてます。昔は近親・縁故を招いて祝宴を催し参会者に枡の斗掻や火吹竹を贈る風習があったそうです。
卒寿(黄) 九十歳のお祝い。
「卒の祝い」ともいい「卒」の俗字「卆」が九十と読めるところからこの名が出ています。
白寿(白) 九十九歳のお祝い。
「白字の祝い」ともいい、百の字から一の字をとると「白」となり、また百から一を引くと九十九になるところからこの名がついたものです。
▲_Top

慶事まめ辞典

成人の祝い。
冠婚葬祭の冠は、奈良時代の宮中や公家の間で冠をつけて元服の儀式を行っていたことに由来します。
結納。
婚約の成立を示す日本古来のしきたりで、両家の結びつきを祝って、全員が飲食をともにしました。その折の酒肴を「結びの物」といったところから来たと言わ れます。結納には床の間のある部屋を用い、松竹梅などの花をいけ、鶴亀や鳳来山の掛け軸をかけます。
▲_Top

仏事のまめ知識

仏式(法要) 初七日を終えたところで、お世話になった人達に感謝と慰労の意味を込めて、肉・魚を主体とした「精進落とし」でおもてなしをします。
四十九日までの初七日、五七日、七七日は、特に大切な忌日とされ、故人と親しかった人を招き、法要を営んだ後、おもてなしをするのが一般的です。法要は少なくとも三回忌までは、命日より遅らせてはいけません。1年のうちに2つ以上の年供養が重なる場合は、「合斎」「併修」といい、まとめて法要ができます。
神式(霊祭) 十日目毎に祭祀を行い、十日祭と五十日祭に近親者や親しい人を招いて、神官に祭詞を上げてもらいます。五十日祭の翌日から平常に戻るとされ、いわば五十日祭が仏式の忌明けですから、この時に招いた方へ飲食のおもてなしをします。後は一年祭、二年祭、三年祭、五年祭、七年祭と続き、五十年祭までは10年毎に行います。
キリスト教 カトリックは追悼ミサといい、一般的には1ヶ月目に近親者や友人などが参列して教会でミサを行い、そのあと別室でお茶の会を催し、故人を追悼致します。プロテスタントでは記念式といい、一ヶ月後が召天記念日で、この日に記念式を行います。記念式は自宅か教会で牧師を招いて祈り、そのあと追悼茶話会を開くのが一般的です。
▲_Top

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0246-23-3104 受付時間 9:00 - 18:00

Copyright © 割烹ほてる 正月荘 All Rights Reserved.